ブログ記事

【新作】緑のハーモニー

睡蓮の池とそこに架かった日本の橋をモチーフに
12点の水の庭の情景を描いた画家、クロード・モネ。

緑色の色彩の美しい《睡蓮の池、緑のハーモニー》からインスパイアされてリースを作りました。

緑のハーモニー

数種類の植物を重ねて作った緑色のリースをベースに、
水面に浮かぶ睡蓮の色に見立てて
ラベンダーやデージーなどの小花を合わせました。

使用している植物は、
プリザーブドフラワーやドライフラワーなど
全て自然素材。

CicelyのショッピングサイトとCreemaのCicelyページで販売中です!

http://cicely.handcrafted.jp/items/11666649

https://www.creema.jp/item/5682817/detail

 

お誕生日 / シシリー ダイアリー

今年は春が短いですね。
4月だというのに初夏のような陽気。
桜はあっという間に立派な葉桜に。

今見ごろなのは、花水木。

花水木は、ワシントンに桜を寄贈したお返しに贈られた花なのだそうです。
日本人が桜を愛するように、
アメリカではハナミズキは最も愛される花の一つなのだとか。 続きを読む

満開でした / シシリー ダイアリー

最近、私の住む辺りでは急に気温が上がり、
春というよりも初夏!?と感じるほど!

桜もいっせいに満開に♡

江戸時代に水田開発のための農業用水として造られたというニケ領用水。
この日は、絶好のお花見散歩日和でした。

見上げれば薄ピンク色のトンネル、
細い水路にも、はらはらと舞った花びらが流れてとても綺麗。

遊歩道には、お弁当広げてる人たちがたくさんいて、子どもたちのはしゃぐ声も響いて・・・。
辺り一面、しあわせ感が溢れていましたよ♡

桜は、「夢見草」という異名を持っているのだとか。
夢ははかないもの。
桜も、はかなく散っていくから夢見草といったのだそうです。

咲く前は、開花はまだかまだかと待ち焦がれ、
咲いたら、いつ散ってしまうのかと気をもみ、
ちょっぴりセンチメンタルな気持ちにもなる私たち。

その時々で、さまざまな思いが重なり、
桜に刻まれた思い出も多いですよね。

桜は、昔も今も私たちにとって特別な花ですね。

桜さん、
また来年、会いましょう。

プリザーブドフラワー・雑貨販売 Cicely

ベリーベリー♡ホワイトデー / シシリー ダイアリー

ダンナさんからのホワイトデーのお返しは、ローブルーベリータルトでした。

色合いも美しいです

ブルーベリーやラズベリーのフルーティな味わいと、デーツの優しい甘さ。
ナッッ類の濃厚でとろけるような舌触りも最高。
ロースイーツって、ほんと美味しいなあ

【新作】ミモザ~春を祝うリース

東風解凍〜はるかぜこおりをとく〜

東風が氷をとかし始める頃・・・。
七十二候の立春の初候です。

まだまだ寒い日が続きますが、昼間は長くなり、
あー、春が近づいてきているのだなあと、実感する今日このごろ。

日差しの届く窓辺では、ぽかぽかと気持ちよく過ごせる日もありますね!

さて、Cicelyでは春らしいミモザのリースをアップしましたよ!

インテリアに華やぎをあたえてくれる、春を告げる黄色いミモザのリース。

アーティフィシャルフラワーのミモザとパンジーに、
プリザのアジサイとドライのデージーを合わせてリースに仕立てました。

ミモザのやさしい黄色は、インテリアをぱっと明るくしてくれますね。

CreemaのCicelyページで販売中です☆
https://www.creema.jp/item/3290276/detail

プリザーブドフラワー・雑貨販売 Cicely

『黒蜥蜴』 / シシリー ダイアリー

先日、ダンナさんと観劇デートをしてきましたよ♡
久しぶりの銀座、日生劇場へ。

江戸川乱歩の長編探偵小説で、1961年に三島由紀夫が戯曲化した『黒蜥蜴』。
美貌の女盗賊、黒蜥蜴役を演じるのは、中谷美紀さんです。

黒蜥蜴

続きを読む